モノクロで

街中から家に帰るとき、日中は川沿いを歩くことが多いです。天候や雲や光、木々などの植物、その時の風景によって突然、モノクロで撮りたいと思うことがあります。今日もそんな感じでした。今日感じたのは光が弱く、色が少ないからそのように感じましたが、同じような天候でも毎回そのようになるわけではないので、何か別の要因があるのかもしれません。いずれにしてもモノクロで撮りたいと感じ、そのように撮っている時はカラーの時とは違った楽しみがあります。構図のバランス、物の形、光の状態等、モノクロの目で見ているからでしょうか。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク