PROVIA

ここ最近、カメラの設定をこれまでと変えて撮っています。基本的には毎回同じ設定でフィルムシミュレーションを変えています。モノクロとセピア以外で撮りました。今日は撮影前に、久しぶりに基本であるPROVIAで撮りました。黒の調整が必要ではありますが、すっきりと素直な写りをしているという印象を得ました。カメラの設定とフィルムシミュレーションを変えるだけで写真の印象が大きく変わります。それだけ表現の幅があるということ。見たままを写すには富士フイルムのカメラは向かないかもしれませんが、心象を表現するには良いカメラと言えるかもしれません。

ところで先日、アップデートしたX-T2のファームウェアですが、不具合が見つかり、前バージョンと同じ内容に戻る新しいファームウェアが公開されました。同時にX-Pro2のファームウェア公開は延期が発表されました。少し残念ではありますが、問題なく使えるようになった方が良いので待ちたいところです。私のX-T2は不具合が出る状況では使用していないので、当分はこのまま様子を見たいと思います。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク