少し前に友人と森を散歩しました。あまり人が訪れないような雰囲気があります。暫く歩いていると、地面に散らばった白いものが目につきました。その後も何度も出てきます。しゃがんで確認してみると、どうやら文字の書かれた紙で小さく裁断されたもののようです。これが何か、いったいだれが何のためにやったのか、なぜそれがここにあるのか等、いろいろな謎があります。答えは分かりませんが、それらを考えながら散歩するのは楽しいものがありました。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク