京都に

明後日からの個展でお世話になる京都駅前地下街ポルタにあるギャラリー華に行きました。展示に関して、ふと疑問に感じたことがあったので確認のためです。ちょうど開催中の「井住哲司 夏のガラス展」をみました。解説には「硝子の加工技法『切子』とガラスに砂を吹きつけながら削り、模様や絵柄などを入れる『サンドブラスト』技法を合せた作品を制作している」とあります。夏の涼が感じられる展示というだけでなく職人技が感じられて観られて良かった展示でした。機会があればもう一度見てみたいものです。

その後、個展で使うものを購入するために市内のお店を複数回りました。やはり日本は便利なものが多いと改めて感じました。個展が楽しみです。

カテゴリー: 日本 パーマリンク