撮影

人物の撮影をするとき、朝から始まって夜まで続くことがあります。また結婚式ならば朝の準備から深夜のパーティーまで撮影することがあります。しかし今日の撮影はモデルの方の都合で夜から始めました。普段は夜から撮影することはないので少し新鮮な感じです。下の写真は午前中に撮ったものですが、同じ場所で同じ画角のレンズで撮っても、少し方向が違うだけで全く違った風景になります。それを思うと、自分が目にしている景色だけでも様々な風景から成り立っているのが感じられます。言い換えれば写真の被写体も無限にあるということかもしれません。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク