日中の気温は20度と数字的には寒くはないですが、雨が降っており窓から入ってくる風は冷たく、体感的にはもっと寒く感じられました。そして夕方、天気予報通り強い風を伴った雨になり、それが窓に打ちつけてくるような雨で、また小さな木の枝なども飛んできていたので急いでシャッターを下ろしました。シャッターを下ろしていない窓から下を見れば道路の隅が川のようになって水が激しく流れているのが見えます。ところで今日は一日中、PCに向かって現像していましたが、それに集中していたからか、いつの間にか雨も風も止んでいたことに気が付きませんでした。下を見ると先ほど出来ていた水の流れもありません。そんな日曜日でした。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク