ドライブ

先日の続きです。

フランスの田舎にあるお城の名前の付いた街です。開いていない教会を一周した後、その奥に少し大きな建物が見えたのでそちらに向かいました。建物右側は壁が壊れて廃墟のようになっています。その奥にも壁があります。それが建物の名残か単なる壁なのかはわかりません。

小さな門の隙間から入口の扉を見ました。

反対側まで回ってみることに。

階段のない扉などがあります。ものを上げるにしても滑車もありません。

反対側から見るとお城、宮殿のような建物だと感じられます。装飾の施された入り口が草木の間から見えますが、中には近づけません。真裏のほうに行くと一般人宅があったので、それ以上は進めませんでした。

最初に見た入り口を望遠レンズで撮ってみると猫がいるのがわかります。

古びた屋根にはハトがいます。

現在は使われていない建物のようです。家に帰ってから調べましたが情報らしいものはありませんでした。しかしこの建物がお城と紹介されていたので、どうやらこれが目的地のお城だったようです。ところでその近くには鳥の巣がありました。この辺りはコウノトリが多いので、その巣かもしれません。

というわけで、駐車場に戻りましたが、結局誰にも会いませんでした。そしてまた違う湖に向かうことにしました。

続きます。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク