合唱のコンサート

昨日、ザールブリュッケン市内の教会で行われた日本の合唱のコンサートを撮影させていただきました。教会の静かな空間に響き渡る歌声やオルガンが綺麗で、あっという間に時間が過ぎていきました。撮影は全て電子シャッターで音なしで撮影です。撮影の中で困った点が二つありました。今私が使用しているカメラはいずれも上部にサブ液晶モニタがついていません。以前使用していた一眼レフでは付いていましたが、コンパクトなミラーレスにはありません。今回撮影した場所は全く照明がない場所で、礼拝堂の明かりだけが頼りでした。その暗い中では物理的なダイヤルの数値は全く見えず、明かりが漏れないようファインダー内で確認しますが、ドライブダイヤルの変更で苦労しました。こんな時にサブ液晶があればと思った次第です。そしてお試し的に4K動画で一部撮りましたが手ブレ補正機構のないカメラとレンズで、映像が揺れています。手ブレ補正の有無、今後のカメラ選びにおいて意識すべき点の一つかもしれません。

コンサートの方はもっと聴いていたくなるようなもので、良い時間を過ごすことができました。打ち上げにも参加させていただきましたが、こちらも非常に楽しい時間でした。そういえば、聞けば合唱の人たちは現地集合で、ここに来る前に旅行していた人もいれば、これから他の街を回る人もいて、なかなか不思議な印象でした。いずれにしても、ありがとうございました。

Ensemble1623, Leitung / Countertenor Hiroya Aoki, Orgel Eri Takeguchi, Saarbruecken, Johanneskirche

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク