撮影とカメラ

今日の午前中は眩しい光が外から差し込んでいましたが、午後からは小雨交じりの天候になりました。

今日は部屋で撮影しましたが、冬の時期の自然光での撮影は難しく感じられる時があります。普段はカメラの設定は絞り優先ですが、冬の薄暗い時はシャッター速度とISOを変更してマニュアルで撮ることが多くなります。

オリンパスのカメラには強力な手振れ補正機構があったので、絞り優先のままでも問題ありませんでしたが、今、使用している富士フィルムのカメラには手振れ補正がありません。レンズにもついていません。

打率を上げるためには強力な手振れ補正機構のあるカメラを使うべきか、つまり富士フィルムのX-H1を導入すべきか、いつも迷っています。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク