再現像

昨日の予定が延期になったことで、今日も実質オフのような一日になりました。ところで人物の撮影の場合、撮影してから数週間、数か月後に撮影した写真を再度見直すと、撮影当時とは違った感覚が出てきます。現像作業においても全く違ったように仕上げることが多いです。自身のその時その時の好みの問題もあるかもしれませんが、当時気づかなかったこともあって、再現像作業は一つの楽しみにもなっています。昨日今日はそれをしていましたが、いつものように、違った仕上げ方や発見があって、写真の奥深い世界を改めて感じる一日となりました。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク