撮影した雲の写真を見ていると、その雲が動いていると感じることが時々あります。写真なので実際には動いていませんが、稀に雲の流れを感じます。言い換えれば一瞬を切り取った中に時間を閉じ込めているということかもしれません。写真の向こう側にある世界を想像してみるのも面白いことです。そこは時間の流れも違っているようにも感じます。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク