カメラのファームウエア

私がメインで使用している富士フイルムのカメラX-T3のファームウエアのアップデートが発表されました。Ver3.00です。今回のアップデートで最も注目すべき点は「顔検出、瞳AFの追随性・安定性の強化」です。前機種X-T2からX-T3になったときに、「顔AF性能が従来の2倍に向上」とありましたが、確かに正面を向いているときには向上していると感じましたが、横を向いた時など外すことがありました。他社のカメラでは、人物の顔認証だけでなく、犬や猫の動物、鳥、乗り物とAF性能が上がっています。他のカメラメーカーの瞳AF性能の良さを目にして他社のカメラを使用したいと考えたことが何度もありますが、今回のアップデートでどこまで向上したのか楽しみです。早速ダウンロードしてアップデートしました。次の仕事では積極的に使ってみたいと思います。それにしても、ファームウエアのアップデートは、機種を買い替えることなくソフトが更新されるので、ユーザーにとってはカメラを長く使用できるのでありがたいことです。その分、機種に対する愛情や思い入れも強くなるかもしれません。

カテゴリー: 機材 パーマリンク