オペラを観に

今日は天気予報を確認していませんが、おそらく25度以上ある暑い一日でした。

午後7時半開演のオペラを観にザールラント州立劇場に行きました。今日がプレミエのグノーのファウスト(1859年パリ初演)です。暑い季節のプレミエは、開演前に着飾った人たちが外でシャンパンなどを飲んでいることが多く、独特な雰囲気があります。

この季節のオペラで良いのは、休憩がある午後9時半頃でも、まだ明るいということ。気持ち良さがあります。

終演後、午後11時過ぎです。気温が高いからか、多くの人が外にいます。レストランやバーもテラス席を出しています。

ところでオペラにおいて最も重要なものは演奏ではなく、舞台セットや衣装、特に演出など視覚的なことだと思われます。それによって作品の印象が変わり、もう一度観たい、時には人を誘ってもう一度観たいと感じられる時もあります。オペラを活かすもダメにするのも演出によるところが大きいと思います。今回のファウストは前半は演出のコンセプトが見えてこず、単にあらすじをなぞっただけのように見えました。そして後半は全く意味が分からない点が幾つかあり、また下品な場面もありました。舞台上に出てくるスクリーンで補足映像やテキストを表示させることもありましたが、それだけ舞台上の表現が足りていないということかもしれません。いずれにしても残念ながら私は視力が弱くて読めませんでした。

何より下品な場面は演出の意図が分からず、私の前に座っていた人も頭を抱えるようにして首を左右に振り、彼はその後、最後まで一度も拍手をしませんでした。今回は歌手やオーケストラの演奏が生きた演奏で非常に良かっただけに、それを活かしきれていない演出が残念でした。カーテンコールで指揮者が出てきたときが最も盛り上がったのが、それを示しています。大きな拍手とブラヴォーが飛んでいました。それだけ演奏が良かったと言えます。演出家が出てきたときはブラヴォーもブーもありましたが、どちらといえばそこまで盛り上がらずといった印象です。好みの分かれる演出ですが、演出家のカーテンコールが盛り上がらなかったというのは、良くも悪くも弱かったと言えます。もう一度観てみれば印象も変わる可能性があるので、また観てみたいと思います。

祝日

今日はキリスト昇天祭で祝日です。気候的に過ごしやすい一日でした。ところで今週になって市内の街灯に花が飾られました。まだ花は小さいですが8月、9月になると垂れさがるほどに大きくなります。いずれにしてもこの花が飾られると夏という気がします。

スーパーで

ドイツでは水よりビールの方が安いとよく言われています。実際はレストランなどでは、全てが安いというより、安いものもあるといった状況です。しかしスーパーで見ると、ビールの方が安いのが実感されます。近所のスーパーですが、4本で2.99ユーロ、4本で3.49ユーロとなっています。感覚的にはそれぞれ4本で300円、350円といった感じです。改めてビールが身近にあるのが感じられました。

歯医者

歯のかぶせもの(歯冠)が少し緩く感じられたので、朝、歯医者に電話をして予約を入れました。突然にもかかわらず午前中には診てもらえることになりましたが、診てもらうと、どうやら歯が根っこの方で既に折れているということ。痛みはありません。かぶせものが緩くなっているのではなく、歯そのものが緩くなっているということでした。そこで麻酔をして、かぶせものを外すことになりましたが、外すと歯が折れていました。

そして折れて歯肉に残った歯を抜くために、その場で口腔外科の予約が入れられました。最も早くて2週間以上先でしたが、可能な限り早くという歯医者の言葉により、今日の午後1時に予約が入れられました。いつも行く口腔外科ではなく、初めて行く場所です。受付で必要事項を記載し、レントゲンを撮りました。今日2度目のレントゲンです。そして部分麻酔をして歯が抜かれました。痛みはありません。その後、処方箋を書いてもらい薬局に。指定の痛み止めを購入して家に帰りました。今日はこれだけで約15000歩、歩きましたが、さすがに疲れた一日でした。天気も晴れたり大粒の雨が降ったりと慌ただしい一日でした。

レストランに

少し肌寒い一日です。例年の5月は晴れの日が多く、暑い日もありますが、今年は晴れの日が少なく、肌寒い日も多いです。そんな中、友人と久しぶりにレストランに食事に行きました。友人との話は楽しく、そして色々な話ができ、良い刺激を受けました。

アート展

近所の公園でアート展がありました。写真や絵画、アクセサリー、ぬいぐるみ、装飾など様々な手工芸品が並んでいます。

気温は22度。気持ち良さのある暑さです。

隣のビアガーデンも一杯です。

お店を見て回りました。

写真に限らず、こういった展示は自身の作品作りに非常に役立ちます。具体的な技術ではなく、作品の在り方など意識に関することです。そして見せ方です。色々と興味深いものが見られました。

変化

私の場合ですが、基本的にどのカメラを使っても、また違うメーカーのカメラを使ったとしても、撮る写真は特に変わらないと思います。しかし逆に、そのカメラを使えば自分の写真が変わるかもと感じられるカメラがあります。単なる想像かもしれませんが、少なくとも気持ちの高ぶりが感じられるカメラが幾つかあります。現時点ではいずれも手にしていません。今日発表された富士フイルムの新しいカメラGFX100はまさしく自分の写真を変えるカメラという気がします。自分が希望しているものがほぼ全て入っています。と思うと、自分の写真はまだまだ変化する余地があり、見知らぬ世界があるとも言えます。そこに何かしら道があるかもしれません。

光と空

非常に眩しい光があります。その光を撮るためにモノクロにしました。そちらの方がダイナミックさがあるかもしれません。

しかし後ろ側、こちらは高い青空が綺麗に感じられたので、そのままを写すカラーで撮りました。

散歩をしていても、いつもモノクロやカラーを切り替えながら撮っています。それゆえ、撮影のペースがのんびりになりますが、空を撮る際は気持ちもおおらかになるので、のんびりした方が空がより感じられて良いのかもしれません。