X-Pro2とX-E3

愛用しているカメラ、富士フイルムX-Pro2。過去に一度ネットオークションに出品しましたが、手数料を支払って取り消しました。あえて手放す必要もないかと思った次第です。カメラ自体は画質や性能に大きな不満はなく、また右側にボタン類があって非常に使いやすいと感じています。

ただ最近はメインで使うことが少なくなりました。X-T3およびX-T2を仕事でよく使っており、仕事ではX-Pro2は予備として持っていく程度です。逆に普段に持ち歩くカメラとしてはよく使用しており、特にストリート撮影では最も使用しています。しかしストリート撮影時にほぼ毎回、十字キーが体の一部に当たって設定が知らないうちに変わっています。構えて撮るときは変わっていても気づきますが、ノーファインダー撮影では家に帰ってから気づくことが多いです。そのために何度も設定確認しています。

その不便さから同機種でなくても良いのでは、と感じ始めて、画質的には基本同じのX-E3に変更することにしました。X-E3にはその十字キーがありません。発売当初は不安に感じていましたが、今はそれが良いと感じています。X-Pro2を手放すことに決めた理由は他には光学ファインダーが挙げられます。面白いと思うもののマニュアルレンズでは連動しないのでほとんど使いません。そしてそのサイズ感。ストリートフォトでは少し大きく感じられます。

この先、X-T3ベースのX-Pro3かX-E4が発売されれば、機種変更もありますが、当分、普段使いのカメラはX-E3だけで十分な気がします。個人的にはレンジファインダースタイルが好きなので、特にストリート撮影では一眼レフ的なカメラより、レンジファインダーの方が鞄の出し入れがしやすいので重宝しています。これにお気に入りのXF 18mm F2をつければ、普段使いやストリート撮影では十分です。というわけで中古でX-E3を購入しました。シルバーの方が人気がないのか中古相場では日本円で1万円程安くなっています。もともとシルバーが好きなので迷うことなく購入しました。

X-E3のこれらの写真はiPhone XSで撮影し、被写界深度調整をしていますが、ボケが少し不自然に見えます。しかし主役を見立たせたい場合は、これもありだと思います。

小さいカメラとレンズでバランスが良く、非常に気に入っています。そしてシンプルでカッコがいいです。旅行もこれだけでいけそうなので、このカメラだけを持ってどこか旅に行こうと思います。

ポートレイトモード

本日、お世話になった皆様、どうもありがとうございます。これから色々とお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

ところで先月、新しい携帯電話(スマホ)を買いました。iPhone6からXSの変更です。昨年、iPhone6のバッテリーを交換したばかりで、また電話として全く不便は感じていませんでしたが、同機種が現行機種ではなくなったので新たに買いました。その際にXR、XS、XS Maxか迷いました。XS Maxはサイズが私には大きすぎるので、XRかXSですが、カメラでポートレイトモードがあり、被写界深度調整が出来るのでXSにしました。結果、大満足です。また普段使いのカメラとしても不満はそれほどなく、iPhoneで撮ることが多くなりました。時々このブログでも使用していますが、ブログサイズではあまり問題ないと思います。ここでは、被写界深度調整をした写真を何枚か載せています。既に載せたものもあります。

ザールルイ

前回の続きです。

ザールルイの街に入ります。街の入り口には大砲があります。

街の中心近くに石畳の路地があり、幾つものレストランやカフェ、バーが並んでいます。この雰囲気が好きです。

その中の一軒に入りました。

ところでこの街を訪れた日は非常に暑く、街中の気温も35度となっていました。

駅までの帰りは森の中を通っていくことに。日陰ですが気温が高いので思った以上に暑さがあります。

ザール川を渡ります。

現地滞在は3時間ほどでしたが、色々話せて楽しい時間でした。

ザールルイ

ザールルイはザールにあるフランス王ルイ14世の街で17世紀後半に築かれました。ドイツにあるにもかかわらずフランス王の名前がついた珍しい街です。建設当時は日本にある五稜郭のような幾何学模様の要塞でしたが、現在、その要塞はほとんど残っていません。一部、石垣や堀、土塁などから当時の面影が偲ばれます。

ザール川。かつてはこの川から掘の水を引いていました。

要塞跡。現在は公園となっています。

要塞跡を抜けて市街地に行きます。続きます。

チェキ

散歩をしていると女性二人組がチェキで撮影しているのが見えました。他にカメラを持っていないように見え、チェキだけで撮っているようでした。画質面や撮影時に細かい設定ができないなど不便な点もありますが、構図や(表情を含めた)ポーズだけを意識して撮影するのはシンプルで、また撮った写真がすぐにプリントされるので想像以上の楽しみがあります。子供でも大人でもカメラに詳しくない人でも誰でも撮影出来るので人気があると思いますが、撮って、見る楽しむ以外に例えば飾る楽しみもあるので、写真が撮影だけで終わらず、大袈裟ですがもっと総合的なものになっている気がします。そこに写真の未来もある気がします。またアイデア次第では様々な面白い撮影ができるので、自由でよりクリエイティブな写真を作ることも可能です。チェキは写真文化の発展にも大きく貢献していると思いますが、いずれにしても楽しさがあります。

街路樹

近所の街路樹です。大小様々な木だけでなく、花も植えられています。ここは道路と駐車スペースとを分けるために植えられていますが、景観向上にも役立っています。また歩道に植えられているのではなく、路上側に植えられているのも人に優しい気がします。

セピア

一眼レフやミラーレスのカメラだけでなく、スマホのカメラでも様々なフィルター効果があります。現像ソフトや画像編集ソフトにもそれらがありますが、次の写真はその中にある「メモリー」というものを当ててみました。セピアで周辺がボケていますが、言ってみれば典型的な「思い出の写真」風になっています。セピアといえば、どちらかといえば過ぎ去った時を思い起こさせますが、逆に未来を想像させられれば面白い表現もできるかもしれません。一般的、常識的ではない発想に写真の面白さがあるともいえますが、同時にそこが難しい点でもあります。