作品展示

ハンガリー、ブダペストにあるPH21 Galleryでの「In Statu Nascendi / The State of Becoming」展にて一点、選ばれました。下記の期間、展示されます。ありがとうございます。次の写真、上が展示会ポスターで下が私の作品です。よろしくお願いいたします。


 

In Statu Nascendi / The State of Becoming
A curated international photography exhibition
October 11 – 21, 2019, Project Room
PH21 Gallery, Budapest, Hungary
https://www.ph21gallery.com/in-statu-nascendi

作品展示

先日のヴォーリズ学園ハイド記念館での山本英人写真展ですが、ハイド記念館が国の登録文化財になっているので展示方法について考えました。移動できるパネルでの展示は問題ありませんが、他の部屋では展示のための釘等は使えません。そこで重くないように紙一枚での展示にしました。ドイツで見つけたフォト用紙でかなりの厚さがあります。壁の展示ボードにピンを留め、そこに麻紐を張ります。その間に無色透明の洗濯バサミを通し、写真を吊り下げました。そして更にその下には無色透明のダブルクリップで次の写真を吊り下げ、それで縦4枚吊り下げられました。

当初、湿気対策も兼ねて全て裏打ちすることも考えましたが、ピンだけで支えることで重さが心配だったので裏打ちなしにしました。それを考慮して分厚い用紙を探しましたが、ドイツで印刷した時は真っ平らだったのに、日本で展示して5日目には湿気を吸ったのか、かなり歪んでいました。しかしそれもこの展示では味と感じられるかもしれません。ちなみに一階で展示した作品で同じく額装なしの写真は全て裏打ちしてありましたが、ボードで丈夫なフックを使用したので落ちることはありませんでした。

2階で99枚の作品を展示できたのは良かったです。ご覧くださった皆様、どうもありがとうございます。また展示をする際にお手伝いいただいた皆様、どうもありがとうございます。

山本英人写真展

ヴォーリズ学園ハイド記念館での山本英人写真展(ヴォーリズ学園同窓会共催)、無事に終わりました。ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございます。企画準備、搬入搬出、設営等、そして期間中のお手伝いなど様々な面でサポートしていただいた皆様、どうもありがとうございます。皆様のおかげで非常に良い展示が出来ました。200点の作品展示が出来たことはとても嬉しいことです。

かねてより母校ヴォーリズ学園のハイド記念館もしくは教育会館で写真展を開催したいと考えておりました。私1人では決して実現できなかったことをたくさんの方のサポートのおかげで実現出来ました。どうもありがとうございます。同時に色々な方とのご縁や繋がりが感じられました。写真展が単に写真を展示する場所だけでなく、様々な方との交流の場になったこと、写真を通しての交流ができたことは嬉しい限りです。

そして作品にも様々なご感想をいただきました。それらを力にこれまで以上に頑張っていきます。

今回のヴォーリズ学園での展示では、学園関係者の方々、先生方、在校生、卒業生、同窓生、同級生、高校3年間同じクラスだった人たち、学園や近江兄弟社にゆかりのある人達との出会いや懐かしい再会があり、嬉しいひと時でもありました。そしてご来場いただいた方々との会話も楽しいものでした。不在等でご挨拶出来なかった皆様、申し訳ございません。

いずれにしても今回はたくさんの方にお世話になり、本当に感謝です。どうもありがとうございました。

写真展2日目

私の母校であるヴォーリズ学園。私がいた時とは雰囲気が大きく変わりました。画になる場所が多いです。これら以外にも撮りましたが、それらは後日に。写真展にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございます。

写真展初日

ヴォーリズ学園ハイド記念館で「山本英人写真展」(ヴォーリズ学園同窓会共催)が始まりました。展示に際しては多くの方々に大変お世話になり、部屋の雰囲気に合った良い展示が出来ました。どうもありがとうございます。そして初日からたくさんの方にご来場いただき、嬉しい限りです。どうもありがとうございます。展示は1階右にある部屋および2階の1部屋で、約200点展示しております。皆様に楽しんでいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

写真展終了

Gallery Café Monroeでの写真展、無事終わりました。ご高覧くださった皆様、お世話になった皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございます。先のフォトアート展と合わせて5か月間の展示でしたが、その間に様々な反応をいただきました。ここから今後の活動及び次の展示に繋げられそうです。オーナーと一緒に撮った一枚。

この4点はオーナーが展示して欲しいといったもので、それらを一枚にまとめました。写真からは分かりづらいですが、120cmの大きな額です。オーナー希望のものは合計7点あって、4点、3点としてそれぞれまとめました。

いずれにしても観た人に喜んでもらえたり、楽しんでもらえたのは良かったです。ありがとうございました。

写真展のお知らせ

ザールブリュッケン市内にある Gallery Café Monroe (Herbergsgasse 4, 66111 Saarbrücken, Mo-Sa 10-18)での写真展です。予定では2月末まで。モノクロのポートレイトです。前回の展示はA3サイズでしたが、今回はA1サイズが基本なので、出展数が少なくなりました。美味しいコーヒーとケーキとともに楽しんでいただければ幸いです。

写真展オープニングパーティー

ザールブリュッケン市内にある Gallery Café Monroe (Herbergsgasse 4, 66111 Saarbrücken, Mo-Sa 10-18)での次の写真展です。そのオープニングパーティーがカフェでありました。オーナーの希望で急遽決まったので、私は誰にも何処にもお知らせせず、完全にお任せしました。どういったものをするのかもわからなかったので、宣伝するのが難しくもありました。私としてはとにかく経験です。カフェには手作りのパイとシャンパンなどが用意されていました。そして会場ではギターの生演奏です。本来は人の集まりやすい週末に行っていたようですが、今回は色々な都合で平日、火曜日の夜になりました。それもあって人の集まりは予想よりは少なかったようですが、それでも皆が楽しんでくれたのは良かったです。

個展

昨日お伝えした写真展ですが、結局新たに写真を追加することになりました。月曜日も打ち合わせです。展示しながら作って行く感じでしょうか。

信号待ちで。

色々と挑戦できることは不安と同時に楽しみもあります。

個展終了

ザールブリュッケン市内にある Gallery Café Monroe (Herbergsgasse 4, 66111 Saarbrücken, Mo-Sa 10-18)でのフォトアート展、無事に終了しました。ご高覧くださった皆様、お世話になった皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございます。展示は昨年12月だけの予定でしたが好評により1ヶ月延長され、結果的に2月8日まで展示されました。偶然テレビに映ったり、色々な反応をいただきました。ここから次に繋げられそうです。どうもありがとうございます。

そして明日からは次のモノクロの展示をします。今日の夕方、閉店後にカフェに一部を持っていきました。展示スペース的には全作品を展示できるのですが、多すぎると息苦しさのようなものがあるので、一部だけ持って行って様子見です。こちらに関しては明日以降お知らせさせて頂きます。いずれにしてもどうもありがとうございました。