モノクロで

昨日行われたファッシングのパレードですが、最初はカメラのフィルムシミュレーションACROSで撮影しようと考えて、最初はそれで撮りました。

パレード中も試してみました。

しかしこういった色とりどりで派手な衣装の場合はモノクロにするよりもカラーの方が活きてきます。望遠レンズで表情や部分を撮るならば、モノクロも良いですが、イベントの記録的なものとしてはカラーの方が相応しいと思った次第です。カラーの撮り方とモノクロの撮り方、それを意識するだけでも写真が変わってきます。その分、引き出しの数も多くなります。いずれにしてもそこには写真の楽しみがあります。

カテゴリー: ザールブリュッケンの街角 パーマリンク