ASTIA

仕事の写真、特に人物の写真はブログに載せることはあまりありませんが、今回の撮影では個人的に大きな変化があったので一枚だけ。以前、オリンパスのカメラをメインに使用していた時は、人物撮影時、ピクチャースタイルでポートレイトを選択していました。そして富士フイルムのカメラを追加したときの大きな要因の一つがフィルムシミュレーション、クラシッククロームの追加です。これが使用したくて富士フイルムのカメラを導入しました。そしてそのフィルムシミュレーションの中にポートレイト用のASTIAがあります。これにもかなり期待していたのですが、最初に使った時の印象が、色温度の設定などをしても、少し黄色がかった雰囲気で、それはオリンパスのカメラと傾向的には変わらないという印象を受けました。コントラストの調整をして好みの雰囲気で使用しましたが、結局、自分の撮影にはASTIAは合わず、PRO Neg. Hiかクラシッククロームで人物撮影を行っていました。

しかし、今回、ASTIAが黄色がかった色合いならば、金髪が映えるのではと思い、それで撮ってみました。最終的には現像時に変更も可能です。写真を見て非常に驚きました。ASTIAが非常に合っています。試しに別のフィルムシミュレーションにしてみると、印象がかわり、ASTIAの時ほど合っている感がありません。これまでヨーロッパの人を撮ってきましたが、金髪でなかったり、金髪でも肌が白かったりで、現像時に一応試してみてもASTIAの雰囲気には合いませんでした。しかし焼けた肌で金髪の人の場合は、これ以上ないくらいにASTIAが合っています。柔らかさもちょうど良いです。自分の中でようやく正しい扱い方が分かったという感じで、これからは積極的に使っていこうと思いました。何か一つ自分の武器が増えたようにも感じます。今回の撮影でそのように感じましたが、撮影はモデルの方に感謝の連続でした。そのことについてはいずれ書きたいと思います。

撮影

昨日の撮影の最後に雨の中、外で撮りました。リモートでフラッシュを光らせるのですが、最初のテストではすごい光になってしまいました。

撮影

今日は家での撮影でした。今日の撮影は自分にとって挑戦であり、実験であり、確信であって、非常に充実した撮影となりました。色々な相乗効果もあり、これまでにない撮影となりましたが、それらに関してはいずれまた記したいと思います。お疲れ様でした。ありがとうございました。

写真

写真に関してです。仕事で撮影した写真をブログに直ぐに載せることはあまりありません。というのは、モデルとなった方の、それらの写真を使うタイミングがあるからです。例えば音楽家の場合、この写真は次のコンサートで使用し、別のこの写真はさらに次のコンサートで使用するといった感じにタイミングを考えられていることがあります。ですのでブログに載せるとしても撮影直後ではなく、数週間、数か月後に載せるよう意識しています。

ですが、最近の撮影でPCで見たときに思わず唸るような写真があって、これは直ぐに載せたいと思いました。仕事での撮影はデジタルのみですが、作品的なものの場合はオールドレンズを使用することがあります。そのオールドレンズを使用した写真です。Fujifilm X-T3にマウントアダプターを使ってオリンパスOMレンズを着けて撮りました。OM ZUIKO 100mm F2.0で、絞り開放、フィルムシミュレーションはクラシッククロームです。

PCで見て驚いたのは、オールドレンズというより現代のレンズに近いという印象です。絞り開放にもかかわらず、オールドレンズらしい曖昧な印象がなく、シャープです。他の写真でも肌の産毛まで綺麗にとらえています。50mm F1.4や85mm F2.0も所有していますが、絞り開放では柔らかく線が細すぎる気がするので、個人的には100mm F2.0が好みです。

しかしこのレンズをX-T2やX-Pro2、マイクロフォーサーズのカメラで使用したときはここまでの驚きはありませんでした。X-T3の裏面照射型センサーが良いのか新しい画像処理エンジンが良いのか分かりませんが、いずれにしてもX-T3とOM ZUIKO 100mm F2.0の相性は非常に良さそうです。今後、違う撮影でも使用していこうと思います。

祝日

今日はドイツ再統一記念日で祝日です。私は昨日の撮影の現像を一日中やっていました。昨日の撮影は、こういう写真を撮りたかったと言えるもので満足いく撮影ができました。いつもはリモートでフラッシュを使いますが、昨日は少し撮り方を変えて、準備はしたものの結局最後までリモートで使うことはありませんでした。少ない光量で撮りましたが、それがかえって良い雰囲気を作り出してくれました。

写真の見直し

先日の撮影データを見直しています。撮影直後とは違った感覚を覚えるものもあって、新鮮さもあります。時間を見つけて再現像してみたいと思います。

撮影

今日の撮影は西荻窪の個人宅でさせていただきました。非常に素敵なお宅で、それだけでも気持ちの高ぶりが感じられました。そしてプロフェッショナルな方々との撮影は楽しく、あっという間に時間が過ぎていきました。お世話になった皆様、どうもありがとうございました。

カメラ

最近、SONYのカメラ(a9, a7RIII, a7III)が気になっています。特に瞳AFの性能です。自分で試したわけではなくネットや動画で見ただけですが、これは非常に欲しい機能です。これまで使ってきた機種にも瞳AFはありますが、SONYはそられ以上に使えそうです。これで撮影してみたいという気持ちがあります。

同時に色としてはやはり富士フイルムの色が一番好みです。高解像度、高詳細を意識すれば富士フイルムの中判ミラーレスカメラGFX50Sも興味があります。これでA1サイズかそれ以上の大きさで階調を意識した作品作りをしたいという気持ちがあるので、いずれ導入したいと思っています。

と、色々考えてはいますがカメラやレンズのサイズ、重さを意識すると今の富士フイルムXシリーズが今の自分には最も適していると思います。特にストリートフォトではそうです。最近はX-Pro2に16mm F1.4を、X-T2に56mm F1.2を着けて撮っています。5月に予定されているファームウエアのアップデートで両機種とも像面位相差AF性能の向上とフリッカー低減機能追加が予定されているので、更にカメラがパワーアップすると思います。というわけで、今気に入っている2機種を撮ってみました。「X-Pro2」と印の入ったストラップ、そして富士フイルムXシリーズのXを意識してストラップでXにしてみました。

再現像

かつて撮影した写真を再現像しました。カメラは今もまだ使用しているオリンパスOM-D E-M5 Mark IIですが、この写真を撮影した2015年夏にはこの色合いは現像でも出来ませんでした。ソフトはヴァージョンは違いますが同じAdobe Lightroomです。自分のスキルアップも少しはあるのかもしれません。人物において最近の自分の好みではオリンパスらしい黄色が少し強く感じる色合いよりも、こういった落ち着いた色合いの方が好みです。現像時の手間は増えますが、こういった色合いも出せるならOM-Dも人物撮影においてまだまだ使えると思います。